研修契約書

少し前に、飲食店の運営を個人事業主に委託するにあたり、その前提として、研修を行うので、研修契約書を作成してほしいと依頼を受けました。

 

いきなり飲食店の運営を委託するのではなく、研修を経てから委託し、研修費用をきちんと頂くとのことでした。

 

研修の内容は、「仕込み」、「レジ打ち」、「盛り付け」、「接客」などでした。

 

当然のことではありますが、実際に営業している店舗で研修を受けることから、店側に迷惑をかける行為をしてはならないことなどを定めました。

 

状況によっては、研修の日程が変更される可能性があることも定めました。

 

このようなことでも、後でトラブルにならないようきっちりと契約書として残したいとヒルトップに依頼して頂いたクライアントの方に、少しでも安心して契約して頂けるよう作成いたしました。

 

ちなみに、契約書は、進化していくものだと思っています。

気づいたことがあれば、それを契約書に日々落とし込んでいくことで、より完成度が高くなります。

 

そう言えば、そのことを、SES契約書の打合せをしたお客様が自分よりも先におっしゃった時には、ビックリしました。

 

そのようなお客様は、契約書で失敗することは限りなく少ないのではと思います。

管理人紹介

sample

行政書士 濱村 仁之

NTTグループでの契約法務を11年経験し、1,500通以上の各種契約書の作成・審査実績のある業務委託契約書作成の専門家です。契約書作成と継続的な法務支援を行い、個人への業務委託・偽装請負・印紙など何かと問題の多い業務委託契約のトラブルを予防します。中央大(法)卒。

事務所情報

ヒルトップ行政書士事務所
〒232-0071
神奈川県横浜市南区永田北3-4-19
TEL/FAX:045-713-3365
受付時間 平日 9:30~17:30

 

最近の投稿