メニュー

企業法務経験豊富な行政書士による契約書作成とリーガルチェック

ヒルトップ行政書士事務所

tel 045-713-3365

Q&A

Q&A

Q&A

会社と締結する場合の押印権者

会社対会社で契約を締結する場合、法務局に届けられた代表取締役の印鑑(実印)を押印すべきですが、会社の規模の大きな会社では、業務に支障が出ることが想定されますので、実印で押印するのは難しいかもしれません。
また、代表取締役でなくとも、支店長、部長、課長なども押印権者となることが多いです。これらの役職の表示の中に、既に代理権があることを意味し、かつ会社を代理して行動していることを意味しているからです。
この場合、代理人の役職を示す印鑑(例えば、○○株式会社 営業部長の印)をなるべく押印してもらいましょう。その際に、代理人の署名も頂くとなおよいでしょう。

 

 

お気軽にお問い合わせください。 メールでのお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

TEL:045-713-3365

受付時間:平日 9:30~17:30

メールでのお問い合わせ