メニュー

企業法務経験豊富な行政書士による契約書作成とリーガルチェック

ヒルトップ行政書士事務所

tel 045-713-3365

業務委託契約書

業務委託契約書の解説6(個人への業務委託)

業務委託契約書の解説6(個人への業務委託)

個人への業務委託は注意が必要です。

業務委託契約は、会社間で締結されることが非常に多い契約ですが、会社から個人(個人事業主、フリーランス)に業務委託されることも多く見受けられます。個人への業務委託は、一見業務委託契約(請負契約)を装いながら、実態が労働契約になっていること(偽装請負)が多いので、注意しなければなりません。


個人との業務委託契約を締結するとすぐに違法かというとそういう訳ではありませんが、実態が労働契約となっている業務委託契約を締結することによって、委託者(使用者)が労災加入義務、時間外勤務手当や休日出勤手当の支払い義務、年次有給休暇を取らせる義務などの労働基準法などに定められた義務を履行しないことが問題となるのです。

 

また、会社側が労働基準法などに定められた義務を履行せずに、罰則を受けるだけでなく、業務委託契約を締結する個人に訴えられ、労働者としての権利が認められれば、社会保険料や時間外手当を後日支給する等損害を被り、社会的な信用を失墜する可能性がありますので、注意が必要なのです。

  

仮に、契約書のタイトルが「業務委託契約書」となっていたとしても、契約書の内容で判断しますので、労働契約の内容になっていれば、労働契約とみなされます(契約書ではタイトルでなく内容を重視しています)。

 

★個人事業主との業務委託は、内容が労働契約であることが非常に多いです。
労働契約でない、適正な業務委託契約書を作成することができるかもしれません。
お見積りは無料です。

 

 muryoumitsumoriform

 

個人へ業務委託する理由

では、なぜ、労働契約でなく、個人と業務委託契約を締結するのでしょうか?

その理由は「専門性がある人材を確保できる」、「短期間だけ人材を確保できる」などありますが、やはり「コストを節約できる」ことが一番の理由だと考えられます。

労働契約にしてしまうと、使用者は社会保険・雇用保険・労災保険・時間外手当・休日手当・年次有給休暇等のコストを負担することになりますが、業務委託契約では、そのようなコストを負担する必要がないのです。

また、一旦社員として雇用すると、簡単に解雇する訳にもいきませんが、業務委託契約ですと、短期間で契約を終了することができますので、人件費をかけず、コストの節約をすることができるのです。

昨今の厳しい経済環境から少しでもコストを節約したいとする会社は数多く、そういった会社が個人へ業務委託をしていることが多いのかもしれません。

 

個人への業務委託が問題となるケース

個人への業務委託契約が問題となるのは、委託者と受託者との間に「使用従属性」があるかどうかです。

受託者である個人が委託者からの「使用従属性」があれば、労働契約と判断されてしまうのです。
それを判断するためのチェック項目が以下にあります(労働基準法研究会報告「労働基準法の『労働者』の判断基準について」(昭和60.12.19)から抜粋)。
個人への業務委託を検討される場合には、チェック項目に従い、スキームを見直す必要があるかもしれません。

◇個人事業主への業務委託のチェック項目(「使用従属性」に関する判断基準)

 

・委託者からの仕事の依頼・業務の指示を断ることができるか?
・業務遂行にあたり、委託者から具体的な内容や方法の指示がないか?
・進捗状況の報告義務や勤務時間の管理がないか?
・委託される個人事業主本人に代わって他の者が業務を実施できるか?
・報酬は、時間給、日給、月給ではなく、出来高払いであるか?

 

これら上記のチェックポイントすべてに対して、「YES」と回答できる場合、「使用従属性」がなく、業務委託契約として締結できることになります。

 

また、上記だけで判断できない場合、「労働者性の判断を補強する要素」(事業者性の有無、専属制の程度など)を加味して総合的に判断します。

 

・機械・器具などの経費は、個人事業主が負担するか?
・他の一般社員より報酬が高額か?
・報酬に生活給的な要素はないか?
・委託者以外の会社から委託される業務を自由に受注できるか?

 

これら上記のチェックポイントにすべて「YES」と回答できる場合、業務委託契約として締結できることになりますが、そうでない場合でも、個別具体的に、そして総合的に、労働者性を判断することになります。

このように、個人への業務委託については、上記の判断基準から、「労働者性」でないかが判断されることになっているのですが、このことを知らずに、明らかに、労働者性に該当する業務委託契約を締結している方が多いですので、注意が必要です。

参考までに、ヒルトップにご相談頂いた事例で申し上げます。

 

1つめは、アロマテラピーの業務委託契約を締結して、受託者(個人)が委託者の経営する店舗で業務に従事し、その店舗の店長や社員の指揮命令を受けたり、業務委託契約に記載のない雑務を強いられているケースでした。指揮命令を受けていること・委託者からの指示を断ることができないことから、「労働者性」が認められる可能性が高いと言えますので、労働契約での締結をアドバイスしました。

 

2つめは、工事作業機器の製造の業務委託契約を締結して、受託者(個人)が組立、仕上げ、出荷梱包、伝票処理、出荷の業務を行うもので、自らの設備は持ち込まず、製造業者である委託者の工場で、正社員と同様に業務に従事するケースでは、委託者の事業所での勤務であり、勤務時間・出勤日も決まっていること、委託されている業務が製造業であり、 委託者からの指揮命令を逐一必要とすることから、拘束性、指揮命令があり、「労働者性」が認められる可能性が高いと言えますので、労働契約での締結をアドバイスしました。

このように見ていくだけでも、個人への業務委託は、「労働者性」が認められる可能性が高いケースが非常に多いと言えます。

 

★個人事業主への業務委託は、労働契約の可能性が非常に高く、非常にハードルが高いですが、適正な業務委託契約書を作成できる場合がございます。
お悩みの方はご相談ください。

 

muryoumitsumoriform

 

個人への業務委託に適した業務

しかし、個人への業務委託に適した業務があることもまた事実です。
個人に業務委託するためには、その業務に「労働者性」がなく、丸投げであるかどうかがポイントとなりますが、以下の業務については、個人への業務委託に適した業務の代表例です。

・翻訳業
・大工業
・執筆業
・講師業
・デザイナー
・カメラマン
・集金人

といったところが挙げられますが、最初に打合せをして、注文者の通常行う程度の依頼指示は受けますが、注文者からの業務遂行上の指揮命令を受けず、時間的な拘束もなく、自分の裁量で実施するような業務が向いているのかもしれません。
ただ、上記の業務も絶対に労働契約に該当しないかと言われれば、完全にそうとは言い切れません。運用次第で、チェック項目に該当することになれば、「労働者性」に該当することになり、結果労働契約になる可能性もあります。

いずれにしろ、個別の業務について、具体的に検討することが必要となるのです。

 

★個人事業主との業務委託に適する業務でも、偽装請負となることもあり、その判断は非常に難しいです。業務委託契約書の作成、見直しなどをご検討の方はご相談ください。

 

muryoumitsumoriform

 

個人業務委託にあまり適さない業務

先ほど、「個人への業務委託に適した業務」について解説しましたが、「個人への業務委託にあまり適さない業務」ももちろん存在します。これらを以下に列挙してみました。
おそらく、「労働者性」「使用従属性」など個人への業務委託に関する深い知識がないと、労働契約書とみなされ、業務委託契約書とみなされないのではないかと考えます。


・美容、理容
・エステティックサロン、足つぼ、まつ毛エクステ、ネイルサロン、リラクゼーション
・塾講師、家庭教師、英会話講師
・整体師
・ホステス、キャバクラ

これらの業務でも、必要な条件を満たせば、業務委託契約書として許容できる場合もあります。
お気軽にご相談ください。

 

★個人事業主との業務委託にあまり適さない業務でも、業務委託契約書として許容できる場合もございます。業務委託契約書の作成、チェックなどをご希望の方はご相談ください。

 

muryoumitsumoriform

 

口頭契約によるリスク

個人事業主と業務委託契約を締結するケースが増えていますが、その多くが契約書を作成しない口頭契約によるものです。
確かに、実体が労働契約であることが非常に多いですから、業務委託契約書として締結するのははばかられるのかもしれませんが、何も書面で定めないのは、非常にリスクの高い行為と言わざるを得ません。
書面に残さなければ、後日トラブルになった場合に、立証ができなくなってしまいます。
そんなことにならないように、契約書は書面に残しましょう。
詳しくは、なぜ契約書を書面で作成するのか?参照ください。

また、下請法に該当するような取引の場合、3条書面と言って、契約書に匹敵するような書面を交付する必要がありますから、注意が必要です。

 

★個人事業主との業務委託では、業務委託契約書を締結していないケースが非常に多く、リスクが高いです。
適正な業務委託契約書を備えたい方はご相談ください。

 

muryoumitsumoriform

 

個人との業務委託契約にお悩みの方へ

個人との業務委託契約書については、実際に委託する会社側からのご相談をよく受けます。お話を聞かせて頂くと、前述のチェック項目のいずれかに必ずと言っていいほど該当し、「労働者性」が強く、業務委託契約書の作成をお断りするケースが多いです。この場合、労働契約への方向転換をお願いするのですが、どうしても受け入れられないという方もいらっしゃいます。そのような場合には、チェック項目のどこに該当するかをお知らせし、改善して頂けるようであれば、業務委託契約書の作成をお受けすることができる場合もございます。
また、よくインターネット上でダウンロードした(有償無償を問いません)業務委託契約書の雛形を使用して締結しようとされている方を多く見受けますが、個別の案件ごとに、それぞれ事情が異なりますので、雛形はあくまでも参考程度にすべきで、そのまま締結してしまうのは非常に危険です。
いずれにしても、個人への業務委託契約は、「労働者性」の判断項目も多く、判例なども考慮に入れて、検討していく必要がございますので、専門的な知識がないと、法令違反となるおそれもあり、非常にリスクが高いです。
個人との業務委託を安全に進めたい。そのために、業務委託契約書を作成したいということでお悩みの方は、ぜひご相談を頂ければと思います。

 

 

<< 業務委託契約書の解説 目次へ 次へ  業務委託契約書の解説7 >>

line

 

 

お気軽にお問い合わせください。 メールでのお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

TEL:045-713-3365

受付時間:平日 9:30~17:30

メールでのお問い合わせ