業務委託契約書の「請負」と「委託」の違い

ご訪問ありがとうございます。
豊富な企業法務経験による契約書の作成リーガルチェック専門「ヒルトップ行政書士事務所」の濱村です。

 

業務委託契約書の作成やリーガルチェックをこれまで数多く対応してきましたが、クライアントの方から、「請負」と「委託」の違いがよく分からない、また、「委託」は「請負」と異なり重い責任を負わない、などという声を伺いました。

 

この2つは、誰かに代わりに何かを行ってもらうことを指します。

 

よく「業務請負」「業務委託」などと労働契約や派遣契約と一線を画す意味で、同じような意味で使用する場面もありますが、異なる意味で使用される場面もあります。

 

では、この2つをシステム保守業務を例にして、分かりやすく説明すると、まず「委託」では、

 

「委託」:
誰かに代わりに何かを行ってもらうのですが、主に「請負」と「準委任(=委任)」の性質があります。

 

そのため、以下の3点が存在することとなります。

 

①「請負型の委託」

 

➁「準委任型の委託」

 

③「請負型・準委任型混在の委託」

 

ちなみに、①は仕事の完成責任を負うもので、➁事務の処理を善管注意義務をもって行っていれば足りるもので、①「請負型の委託」のほうが重い責任を負います。

それぞれより具体的な例を挙げますと、

 

①「請負型の委託」→ソフトウェアの不具合修正業務、ハードウェアの故障修理業務など

 

➁「準委任型の委託」→連絡受付業務、問合せ回答業務など

 

③「請負型・準委任型混在の委託」→ソフトウェアの修正業務、ハードウェアの故障修理業務、連絡受付業務、問合せ回答業務など

 

となります。

 

一方、「請負」では、

「請負」:
誰かに代わりに何かを行ってもらうことまでは同じなのですが、仕事の完成責任を負ったり、業務完了後や納品後に契約不適合があった場合には、契約不適合責任という重い責任を負います。

 

先ほどの例では、①のみが該当します。

 

上記を踏まえますと、「請負」と「委託」の違いは、「委託」のほうがより広範囲なものを指し、「請負」は「請負」だけを指します。


「委託」は、仕事の完成責任を負う、法的責任の強い「請負」と区別するため、 「準委任」の意味で使用されていることが多いようです。
 

しかし、それでは、「委託」自体が「請負」の法的性質を含んでいることもありますので、「請負」と同じ性質のものともいえる場面もあり、明確に区別することはできません。

 

そのため、「委託」を大雑把に「準委任」と定義付けして、「請負」か「委託」かと区別するのではなく、「委託」を「請負」と「準委任」の法的性質に従って、上記の①~③に分類して、整理するのがよろしいのではと考えます。
 

こうすることで、民法の規定にもなじみますし、わかりやすいのではないかと思います。

 

※より詳細な情報をお知りになりたい方は、業務委託契約書の「請負」と「準委任(委任)」の違いをご覧ください。

ゆりかもめ

ご訪問ありがとうございます。

豊富な企業法務経験による契約書の作成リーガルチェック専門「ヒルトップ行政書士事務所」の濱村です。

 

先日は、久しぶりにゆりかもめの乗車しました。

IMG_220926_151037

 

新橋から乗車し、お台場方面の企業様を訪問。

 

来月より契約開始する継続的な契約書定額チェックサービスに備えての打合せでした。

 

ちょうど今月末で法務のご担当者様が退職されるということで、引継ぎを行いました。

 

 

さすがに1日では難しいですが、しっかりとサポートしてくださるということでしたので、安心いたしました。

 

来月からしっかりと貢献できるよう頑張りたいと思います。

新大久保

ご訪問ありがとうございます。

豊富な企業法務経験による契約書の作成リーガルチェック専門「ヒルトップ行政書士事務所」の濱村です。

 

最近は、コロナの新規感染者の数も減少傾向にあり、第7波と言われる波もいくらか落ち着いてきました。

 

しかも、オミクロン株対応のワクチンの接種も来月から本格的になってきそうですので、もう少しの辛抱と信じたいですね。

 

さて、先日は、契約書のリーガルチェックに関するお打ち合わせのため新大久保まで行ってきました。

IMG_20220911_123629
湘南新宿ラインを使うと横浜からも45分程度で到着できます。

 

改札を出て右側に行くと、コリアンタウンがあるのですが、そちらとは逆方向です。

 

1時間を超えるお打ち合わせも、残念ながら、受注には至りませんでしたが、色々とご要望をうかがい、非常に勉強になりました。

管理人紹介

sample

行政書士 濱村 仁之

NTTグループでの企業法務を11年、契約書専門の行政書士として11年の経験があり、様々な契約書・規約・覚書等の作成・リーガルチェック実績があります。特に、企業間の契約書に対する継続的なリーガルチェック・契約相手との契約交渉サポート・印紙税節税助言等の企業法務を得意としており、貴社のトラブル予防・リスク軽減にスピーディーに貢献します。中央大(法)卒。

事務所情報

ヒルトップ行政書士事務所


〒232-0071
横浜市南区永田北3-4-19
TEL/FAX:045-713-3365
受付時間:平日9:00~18:00

 

最近の投稿