契約書の納入前チェック

ご訪問ありがとうございます。
IT企業法務経験11年、契約書・規約の作成リーガルチェック専門「ヒルトップ行政書士事務所」の濱村です。

 

3月に入って、春らしくなり、だいぶ過ごしやすくなってきましたね。

 

さて、本日も午前中に契約書を納入いたしました。

 

ヒルトップでは、契約書に誤りがないよう細心の注意を払っております。

DSC_0043

 

左の写真のように2UP両面印刷をして、徹底的にチェックしております。

 

作成する契約書がすべてオリジナルのため、一言一句しっかりと自らの目で読み込みます。

 

そして、気にある箇所があれば、自分の好みの、赤いインクを入れたプラチナの万年筆でチェックを行います。

 

契約書を作成しても、PCに映し出されるデータで確認するだけでは必ず誤りがでてくるのです。

 

そのため、チェックをしては、ワードファイルで修正し、再度コピー用紙に印刷し、チェック・修正をするということを、1つの契約書を作成するごとに、3~5回ほど繰り返します。

 

こうすることによって、格段に誤りの発生を抑えることができますし、完成度の高い契約書となります。

 

そして、このチェックを行うのは、なるべく早朝の集中できる時間が多いです。

 

ヒルトップでは、このようにして、作成・リーガルチェックした契約書をお客様に納入しております。

 

今後も、このスタンスを徹底し、誤りのない契約書を目指していきたいと思います!

管理人紹介

sample

行政書士 濱村 仁之

NTTグループでの企業法務を11年、契約書専門の行政書士として9年の経験があり、様々な契約書・規約・覚書等の作成・リーガルチェック実績があります。特に、企業間の契約書に対する継続的なリーガルチェック・契約相手との契約交渉サポート・印紙税節税助言等の企業法務を得意としており、貴社のトラブル予防・リスク軽減にスピーディーに貢献します。中央大(法)卒。

事務所情報

ヒルトップ行政書士事務所


〒232-0071
横浜市南区永田北3-4-19
TEL/FAX:045-713-3365
受付時間:平日9:00~18:00

 

最近の投稿