ひとりごと

まだまだ不安

ご訪問ありがとうございます。
豊富な企業法務経験による契約書の作成リーガルチェック専門「ヒルトップ行政書士事務所」の濱村です。

 

緊急事態宣言が25日に解除となりました。

 

これから人出が増え、いろんなところで人と人との距離が近くなると思います。

 

でも、ワクチンも開発されていないですし、アビガンも効果がまだ不明ということで承認されていませんし、まだまだ不安な状態が続きます。

 

再度感染者数が増加し、各種制限・自粛が再開される可能性も少なからずあると思います。

 

そうならないために、自分もこれまでと変わらず、できるだけ外出を自粛していきたいと思います。

 

ちなみに、今年に入ってから神奈川県からまだ出ておりません。

 

さて、5月は、慌ただしく契約書の作成やチェックに対応いたしました。

 

特に、あるお客様から数百件にも及ぶ契約書のチェックのご依頼をいただき、これに心血を注ぎこみました。

 

詳細なことは申し上げられませんが、これだけの量ですから、かなりの時間を要しました。

 

パソコン画面を2つ準備して、テキパキこなしましたが、やはり神経を使うせいか、肩もこります。

 

まだまだ来月以降も不安な日常は継続しますが、早寝早起きを心がけ、健康第一で活動していきたいと思います。

債権法改正

ご訪問ありがとうございます。
豊富な企業法務経験による契約書の作成リーガルチェック専門「ヒルトップ行政書士事務所」の濱村です。

 

本日より改正民法が施行されました。

 

改正は、契約等に関するルールを定めた「債権法」を中心とするものです。

 

120年ぶりの改正ということで、多々論点があり、契約書には少なからずな影響を受けることになりますが、当事務所にご相談の多い「業務委託契約書」や「取引基本契約書」などを例にとると、以下の点が重要な点ではないかと思います。

 

・契約の基本原則が新設されました。
・危険負担における債権者主義が廃止されました。
・契約解除に債務者の帰責事由が不要となりました。
・定型約款の規定が新設されました。
・売買・請負の担保責任が見直されました(瑕疵→契約不適合)。

 

大きくは、債権や契約に関するルールがより明確になっていますが、特に、昨今の契約トラブルの増加を考慮に入れて、契約の基本原則や契約不適合の部分で、契約を締結する前に、当事者間で契約内容を明確にすることが求められているようです。

 

民法改正の目的にも沿うように、契約内容を明確かつ具体的なものにすることを意識しながら、契約書の作成やリーガルチェックのお手伝いをしていきたいと考えております。

 

民法改正を踏まえた契約書の作成やリーガルチェックについては、当事務所までご相談ください。

新型コロナウィルス

ご訪問ありがとうございます。
豊富な企業法務経験による契約書の作成リーガルチェック専門「ヒルトップ行政書士事務所」の濱村です。

 

新型コロナウィルスの感染拡大が止まりません。

 

日本だけでなく、アジアから離れた欧州にも飛び火して、世界中に猛威を振るっています。

 

学校は休校指示が出され、企業では在宅勤務が推奨されるなど、多くの人が行動を制限されています。

 

その影響で、株価は大幅に下落し、経済活動もままならない状況となっています。

 

外食に行くのも、旅行に行くのも控えています。

 

そして、プロ野球やJリーグは開幕延期やシーズン中断、4年に1度のサッカー欧州選手権も延期されてしまいました。

今年最大のスポーツイベントである東京五輪も今のところ開催予定とのことですが、このまますんなり開催できるとは思えない雰囲気になってきております。

 

こういう状況下ですから、契約書の作成やチェックの依頼件数も減っています。

 

一体、この先どうなってしまうのか、だれにも予測はできない状況です。

 

当たり前のことが非常にありがたいことですね。

 

早く本来の生活に戻ってほしい、そう痛切に思います。

管理人紹介

sample

行政書士 濱村 仁之

NTTグループでの企業法務を11年、契約書専門の行政書士として9年の経験があり、様々な契約書・規約・覚書等の作成・リーガルチェック実績があります。特に、企業間の契約書に対する継続的なリーガルチェック・契約相手との契約交渉サポート・印紙税節税助言等の企業法務を得意としており、貴社のトラブル予防・リスク軽減にスピーディーに貢献します。中央大(法)卒。

事務所情報

ヒルトップ行政書士事務所


〒232-0071
横浜市南区永田北3-4-19
TEL/FAX:045-713-3365
受付時間:平日9:00~18:00

 

最近の投稿