取引保証金差入契約書

ご訪問ありがとうございます。
IT企業法務経験11年、契約書・規約の作成リーガルチェック専門「ヒルトップ行政書士事務所」の濱村です。

 

取引基本契約書、売買基本契約書、またフランチャイズ契約書などで、買主の債務を担保するため、取引保証金を売主に預託することがあります。

 

これらの契約書では、「取引保証金」や「保証金」などというタイトルの条項を最初から規定することがよくあります。

 

しかし、「取引保証金差入契約書」は、このような条項を規定しなかったために補充的に締結されたり、これらの契約書とはあえて別の契約で締結されたりすることもあります。

 

この「取引保証金差入契約書」には、以下の項目を定めます。

 

・取引保証金の額

・取引保証金の預託方法

・債務不履行の場合の取引保証金の充当

・取引保証金の利息の有無

・契約終了後の取引保証金の清算

 

また、この「取引保証金差入契約書」は、保証金の預託ですから、第14号文書(金銭の寄託に関する契約書)に該当しそうですが、取引保証金は寄託者のために保管するものではありませんから、不課税文書となりますが、「取引保証金差入契約書」に、取引保証金受領の旨が具体的に記載されれば、第17号の2文書(売上代金以外の金銭の受取書)に該当することになり、収入印紙の貼付が必要となりますので、収入印紙の貼付には注意が必要です。

 

いずれにしましても、このような契約書が必要になりましたら、ぜひご相談をいただければと思います。

相続案件

ご訪問ありがとうございます。
IT企業法務経験11年、契約書・規約の作成リーガルチェック専門「ヒルトップ行政書士事務所」の濱村です。

 

普段、「契約書の作成リーガルチェック専門」として活動しておりますが、お客様から相続手続きのご依頼をいただいております。

 

大変残念なことに、ご夫婦が1か月ほどの間に続けてお亡くなりになってしまいました。

 

相続人のことを思うと、お気の毒で仕方ありませんし、心にぽっかりと大きな穴が開いてしまっていると思います。

 

手続きを進めるため、代表相続人のご自宅を訪問しておりますが、少しでもお話を伺い、よき相談相手であるように対応しております。

 

相続手続きのサポートは、特に、人間力が重要です。

 

相続人の気持ちを思いやり、相続人目線で考えられるようにすることが最も重要ではと考えております。

 

もちろん、契約書の作成リーガルチェックにも、人間力が重要です。

 

こういったことを再確認する契機になり、このオファーをいただいたことに、非常に感謝をしております。

 

最後まで、相続人をサポートして、喜んでいただけるよう対応したいと思います。

契約書の納入前チェック

ご訪問ありがとうございます。
IT企業法務経験11年、契約書・規約の作成リーガルチェック専門「ヒルトップ行政書士事務所」の濱村です。

 

3月に入って、春らしくなり、だいぶ過ごしやすくなってきましたね。

 

さて、本日も午前中に契約書を納入いたしました。

 

ヒルトップでは、契約書に誤りがないよう細心の注意を払っております。

DSC_0043

 

左の写真のように2UP両面印刷をして、徹底的にチェックしております。

 

作成する契約書がすべてオリジナルのため、一言一句しっかりと自らの目で読み込みます。

 

そして、気にある箇所があれば、自分の好みの、赤いインクを入れたプラチナの万年筆でチェックを行います。

 

契約書を作成しても、PCに映し出されるデータで確認するだけでは必ず誤りがでてくるのです。

 

そのため、チェックをしては、ワードファイルで修正し、再度コピー用紙に印刷し、チェック・修正をするということを、1つの契約書を作成するごとに、3~5回ほど繰り返します。

 

こうすることによって、格段に誤りの発生を抑えることができますし、完成度の高い契約書となります。

 

そして、このチェックを行うのは、なるべく早朝の集中できる時間が多いです。

 

ヒルトップでは、このようにして、作成・リーガルチェックした契約書をお客様に納入しております。

 

今後も、このスタンスを徹底し、誤りのない契約書を目指していきたいと思います!

管理人紹介

sample

行政書士 濱村 仁之

NTTグループでの企業法務を11年経験し、1,500通以上の各種契約書の作成・リーガルチェック実績のある契約書専門の行政書士です。企業間の契約書に対する継続的なリーガルチェック・契約書雛形作成管理・契約相手との契約交渉助言等の企業法務を得意としており、トラブル予防・リスク軽減・印紙税節税等に貢献します。中央大(法)卒。

事務所情報

ヒルトップ行政書士事務所


〒232-0071
横浜市南区永田北3-4-19
TEL/FAX:045-713-3365
受付時間:平日9:30~17:30

 

最近の投稿